西垣林太郎のピンポンカラーなブログ
WEBPAGE "Rintaro's Studio"へはこちらから
00:46 06月30日   [金]
正倉院の響き

 「正倉院の響き」というレクチャーコンサートシリーズに2002年から出演し、今年で早くも16年目になります。正倉院の様々な復元楽器を用いた演奏を中心に、当時の音楽文化、その他の背景などを説明しながら展開していきます。ときには正倉院宝物の専門家を招き、様々な角度から千何百年も前の音楽を聞き、さらに想像を膨らましてもらおう、というイベントです。まだいまの形の雅楽が成立する前、言ってみればプレ雅楽の時代の話が中心になり、方響 (ほうきょう)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)など雅楽では採用されなかった楽器もしばしば登場します。そのイベントで私は正倉院復元の四絃の琵琶と五絃の琵琶の演奏を担当し、ギターを演奏することもあります。五絃の琵琶も雅楽には採用されませんでした。この企画で全国の色々な会場に行くのが楽しみで、中には10年連続で主催して下さっている主催者もいらっしゃいます。

 2010年には国宝のほとんどの教科書に登場する有名な螺鈿紫檀五弦琵琶が19年振りに出品され、正倉院展の音声ガイドで自作曲「ゆらぎ1300」の録音が使われました。また、他の美術展でも使われています。

cd.jpg

 2015年には紫檀木画槽琵琶が出品され、その復元楽器を用いた日本最古の琵琶譜「番假崇」の演奏動画がyomiuri onlineに読売新聞の紙面と連動で掲載されました。

(2015年10月20日 左:関西版1面 右:関東版18面 いずれも著作権保護のために解像度を下げています)
2015-10.20-yomiuri_low 読売関東カラーlow

 日本最古の琵琶譜「番假崇」は成立が8世紀前半とされています。その時代推定の根拠も「正倉院の響き」のレクチャーの中で説明されます。楽譜は漢字で書かれており、押さえる場所が指示される所謂タブラチュアの形式になっています。リズムは明示はされていません。さあ、この楽譜からどんな音が出てくるのでしょうか。

tempyo_biwa_fu.jpg

 この復元楽器には伝統的な絹絃を丸三ハシモトさんから買って使っています。

 また、この「正倉院の響き」の企画では数少ない千年以上前の曲と自作曲だけでなく、20世紀の伶楽運動によって作られた、一柳慧、石井眞木など日本を代表する作曲家のレパートリーも演奏されます。

biwa.jpg

 今年も幾つか公演が予定されていますが、その告知はまたブログを改めたいと思っています。

 もし「正倉院の響き」の開催に興味を持って下さる方・団体さんがいらっしゃいましたら、こちら「CREATIVE TRADITION 創造する伝統 実行委員会」からお問い合わせ下さい。

name:
text:
≪前の記事へ 次の記事へ≫
携帯向け RSS ATOM GoogleSitemap 管理ページ