西垣林太郎のピンポンカラーなブログ
WEBPAGE "Rintaro's Studio"へはこちらから
09:57 04月28日   [金]
楽器選びについて



こんな大雑把なツイートをしたので少し補足で説明です。


・「音で選ばないけど音で切り捨てる」

新作でも旧作でも、楽器屋さんなどにある状態では楽器も寝ている状態で、ギターの場合は新作で3〜5年、旧作で1〜2年は本領を発揮してくるまでに時間がかかります。あるいは弦の選択も適切でないこともあります。ですので、現在の音で選んでしまうのは少し残念で、かといって何年も先の音を見越せるかというと、少なくとも私には難し過ぎます。ただ、どう化けてもどうにもならなさそうな音というのはあるので、そういうのは除外します。具体的な例では6弦があまり鳴らない楽器というのは実は段々と鳴るようになることがありますが、3弦の方はより難しいです。ただ、それも一概に言える訳では無く、楽器がどういう反応をしているかの方が大事です。


・「全体の印象と細部の作りを重視」

では、音がそれほど頼りにはならないのであれば、やはり見た目(と値段)しか無いですよね。そもそも素晴らしい木工技術で作られた楽器は例え音が大したことなくとも、手にしていて気分の良いものです。「それは何か違うのでは?」という声も聞こえてきそうなのですが、愛着の湧く楽器に細かい調整、その時期に応じた適切な弦の選択を施しているうちに、徐々に育ってくるということはあります。育たないこともあるでしょうが、それはそういうものです。


・「故障や修理歴は必ずしもマイナスポイントでないけど理由を考察」

短期的な転売などを考えないのであれば、大抵の故障歴や修理歴は大丈夫です。ただ、構造的な欠陥などで繰り返し起こりそうな故障、楽器の元々の欠陥に起因する故障などもありますので、その故障歴や修理歴がどのような理由で発生したのかは調べる必要はあります。丁寧な修理がなされている楽器というのは、それだけの価値が認められていた楽器だという推薦書にもなり得ます。いい加減な修理がなされているものは、たまたま駄目な職人に修理されてしまった、ということもあるので何とも言えないです。


・「師匠や好きな奏者や知人が使っているという理由だけで買わない」

ただの個人的な経験から書いてます。詳しく書いてしまうと色々と…


・「他人のアドヴァイスを信じない(え?)」

同上…

name:
text:
携帯向け RSS ATOM GoogleSitemap 管理ページ